So-net無料ブログ作成

Let your fantasy unwind [読書日記]

これを読み始めました。




ちょっと難しそうだけど、これはわたしが最近興味を持っている中世のグローバリゼーションに対して啓蒙してくれそうだから。

本文を読む前にまずは訳者紹介やあとがき、付録の地図をとっくり眺め…。

前書きにこう書いてあります。


ハンザの歴史は、12世紀半ばと17世紀半ばの間という非常にはっきりした2つの年代にはさまれている。

当時の人々の理解に従えば、バルト海は氷結した海岸に囲まれた袋小路などではなかった。すなわち、バルト海はロシアの河川に向かって広く開かれた交易路であり、ノヴゴロドとスモレンスクという大きな市場に通じていた。この2つの市場には、はるか東方の白海沿岸そしてイスラーム圏やビザンツ圏にある東方諸国から、長い道のりを経た珍奇で高価な産物が流れ込んでいた。

ドイツ商人はバルト海沿岸全域で取引を営み、この地域での商業目的のための新都市建設にも積極的に参加し、大きな影響力を発揮した。それと同時に、北海沿岸、ノルウェー、ネーデルラントそしてイングランドに航行し、イングランドでは、ケルンとロンドンの間を結ぶ、はるか以前に確立されていた交易を発展させた。10ページ


ここまででもうすでに楽しい!

バルト海といえば、キアラン・カーソンの”琥珀捕り”で語られた人魚や琥珀の話を思い出す。
それに最近、フィンランドの人は自国の税金が高いのでフェリーに乗って、対岸にあるエストニアのタリンへ買い出しにゆくと聞いたばかりなのですよね。(それって税制としてどうなの?)

タリンは、フィンランドの首都ヘルシンキ、ロシアのサンクトペテルブルクと同じく、フィンランド湾に面する主要都市の一つであり、2011年の欧州文化首都である。また、中世ハンザ都市の一つとして栄えた港湾都市で、現在もバルト海クルーズの主な寄港地の一つである。2008年にはNATOのサイバーテロ対策機関の本部が置かれた。
フィンランド湾南岸のタリンから、同湾北岸のヘルシンキまでは85km、同湾東奥のサンクトペテルブルクまでは350kmの距離である。(wiki)

ここもハンザ都市だったんですね!

それから、イスラームやビザンツの、と聞くと、マクニールの”ヴェネツィア”で読んだイタリア都市国家の貿易の歴史も思い出す。東方との交易。ラテン教会と東方教会との軋轢。ロシア正教との関係など…。バルト海、北海、地中海、黒海とつながってそれから陸路で北上すると輪っかになる!また新たな知識が加わると良いな。

ネーデルラントといえばトマス・クロムウェル、ヒラリー・マンテルのウルフホールで読んだ。ウルジーに使える前は、オランダで毛織り物かなにか貿易の仕事をしていたはず。ハンザに関わる記述があったかどうか、覚えていませんが、時期も場所もぴったり。


北海沿岸、ノルウェー、ネーデルラントそしてイングランド

それらの海を航行する船団を思い浮かべると、うっとりしちゃう。
確か、ヴァイキングが発明した櫂か何かの改良によって、船体を大きくすることが出来、交易が拡大したんではなかったかな。北海やバルト海は船と海上貿易の歴史で重要な揺籃の地のような気がする。民族や文化の出会い(衝突)により歴史が動く様も楽しそうでニヤニヤしてしまいます。


用語や、要求される基礎知識があまり高度でなければ良いんですけどね。。










コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る