So-net無料ブログ作成

KISMET [読書日記]




読みました。

奴隷船の歴史に引き続き、あまり難しくなく、さらっと読めて興味深く、いろいろお勉強になりました。
分厚いけど読みやすいのでおすすめです。

さて、最後にグローバリゼーションのあけぼの、とかそんな感じの追記があって、そこでザイトンという福建省のとある港町が元朝に発展し「世界最大の港」と呼ばれたことを知りました。

14世紀にはイブン・バットゥータも訪れ、『三大陸周遊記』に約100艘の大型ジャンクと数え切れないほどの小型船が停泊する「世界最大の港」と記している。

イスラム、仏教、キリスト教それぞれの宗教施設を要した他民族貿易都市。アラブ人の蒲 寿庚が実力者として君臨し、イスラム教徒へ改宗する中国人も多かった。蒲 寿庚の勢はスンナ派で、他の大部分はシーア派で…

あとは推して知るべし。


















コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る