So-net無料ブログ作成
検索選択

Far be it [読書日記]





読み終わりました。

中世に煉獄というものが出来て、それは主にカトリック教会でのことですが、今際の際に司祭を通して悔悟をすれば誰でも、地獄直行間違いなしの罪人や悪人でも煉獄という浄罪の場で罪を償うことにより、ゆくゆくは天国へいけるというシステムが出来上がった、というのお話。(ちがうかも)

それはつまり、死後、未来永劫の苦しみである地獄に堕ちないために、そしてもしくは地獄の苦しみに勝るとも劣らない煉獄での浄罪の苦しみを軽減するために、教会のとりなしがどうしても必要で、天国があり地獄があると一般的に信じられていた社会において、それは人々の信心を取り込むための非常に有効な手段であったことが想像できます。

煉獄の流行は、ル・ゴッフせんせーによれば19世紀くらいまで。ということは、以前に読んだ無神論の歴史に思いを巡らせれば、死の床においても決然と司祭の同席を拒否したキリスト教社会の無神論者さんたちの胆力や、驚嘆すべきものであったと言わざるを得ません。最後の最後には神の許しを請うた無神論者さんがいても残念なことではないでしょう。私は今健康で、死ぬことなどあまり考えませんが、いざ風前の灯火となると、やはり恐怖に襲われるかも。だって死後は未知だもの。何かにすがりたいと思うほど心が弱くなるかもしれない。でもそうしない。死ねば終わり。骸はただの抜け殻で、孤独死しようが損壊されようが、どんな扱いでも全く気にしない。出来れば、また生まれ変わらないように、ともし火が消えるように、魂も消滅すれば良い。そういう風に、疑わず、死んでいけますように。

浄福を得んがためにはひと各々の流儀あるべし。

です。






コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る