So-net無料ブログ作成
検索選択

Obscurantism、蒙昧主義 [読書日記]


13世紀、教会においては煉獄はほぼその存在を確実にしている。
説教は教化の重要手段だし、民衆にとっては上手な説教は人気の出し物。そこにおいて煉獄がどのように扱われているかとみるために、シトー派、ハイステルバッハのカエサリウスとドミニコ会士エティエンヌ・ド・ブールボンの著作がとりあげられる。カエサリウスにおいては煉獄は希望(その先は地獄ではなく天国という意味で)だが、少し後の時代のエティエンヌ・ド・ブールボンでは煉獄は地獄寄り。恐怖による教化。

さて、またエティエンヌ・ド・ブールボンは次のような名文句を吐いている。

《聖人は、天国にあって神を見られないよりは、その必要があれば地獄にあって神を見ることを選ぶであろう》と。かなり蒙昧主義的な彼の文章の中で、至福直観に関するこのくだりは雲間から漏れる太陽の光のようである。466p


なにその愛されないならいっそ憎まれたい的なロマンスっぽさ。というか、ジャック・ル・ゴッフせんせいのいきなりロマンティックな表現。何が筆を滑らせたのだろうかと勘ぐりたくなる…。
というのはさておいて、【蒙昧主義】ってなんだろう?

蒙昧主義

曰く:
この語は翻訳語であり、英語やフランス語などの原語の語法では、大別して以下の二つがある。
1)知識や情報が広がるのに反対すること:公共の空間に知識がひろまるのを許可しないこと
この用法は18世紀の啓蒙主義者らによって普及した。そのため、狭義には、新しく合理的な概念を拒絶し、古い権威を蒙昧的に擁護する態度を意味する。
中国語ではObscurantismは「愚民政策」として翻訳されるが、それはこの意味に限定したものである。
2)文学や芸術や思想などで、意図的に曖昧または難解な表現を使うスタイル、のことを一般には意味する。
この用法ではカタカナでオブスキュランティズムと書かれることが多い。
日本語では類似する語として「韜晦趣味」また「衒学趣味」がある。


わたし、自分の文学の好みが2の意味で蒙昧主義的であると言えることを知りました。

自分もあからさまにせず、わざとぼかして言ったり書いたりするのが好きだし、文章を読むときは平明であるより小難しくて直截的でないのが良い。

そのほうが余計に楽しむ余地がある。

と思う。






コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る