So-net無料ブログ作成
検索選択

The Best of 2016 [読書日記]


電子書籍で英語の本を読み始めてから、うーんと、3年?くらい。

今年は、さるMM読書会に参加して、月に一度課題図書をみんなで読むという楽しさを覚え、
英語を読むスピードも少し上がったように思います。

私は趣味、というより生きがいが読書だし、読書で何か広がりを持ていないと嘘だろう、と
数年前、ある日突然思ってから、でもそれはどうやれば良いのかわからなかった。
読書で繋がりが持てないなら、それは私の人格のせい?
いやいや、私はそんなに社会性がないわけでも性格が悪いわけでもないはず。
…たぶん。たぶんね。努力はしてる。

でも、今年の春に、今の読書会にご縁ができて、一つ、私が憧れていた交わりが持てたように思います。
本の世界はそれぞれの入り口から入るもの。一つの本に唯一の世界があるのじゃなく、読む人ごとの世界があると信じています。だから同じ意見である必要はなくて、読書を通じて他の人の世界を知れることがよほど価値のあることです。

来年は、MMロマンスじゃない本読みのほうでも誰かと繋がりが持てたら良いな、と思っているのだけど、まあ、あせらずゆっくり運に任せたいと思います。


さて、恒例の今年のベスト3を。

今年は12冊の紙の本、24冊の電子書籍を読んだようです。

その中で一番心に残っているのは、



良くも悪くもこれ。
英語がすこし難しくて、よく理解できない箇所があり、読み落としや間違いもあるかもしれないから、もう一度読み直せば良いと思うのだけど、読むのはいやだ。邦訳されたら読む?読みません!
他の人におすすめもしないけど、心奪われるような印象深い作品です。



それから、これ。




難しかったけど、為になった。私がいろんな本を読むのは、自分一人で解脱したいからなんだなとわかりました。


そして、大好きなCiaran Carson




私の考え方や文の好みは、プルーストとカーソンで形成されました。


それではみんな、来年もまたよろしくお願いします。








コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る